妊娠中の辛い便秘にはベビーのことも考え見るマグがオススメです!

私は現在、妊娠8ヶ月です。

妊娠初期の頃から便秘がひどく、辛かったので産婦人科の医師に相談をしてミルマグという薬を処方してもらいました。

第一子を妊娠中もかなりひどい便秘で苦しみ、第一子の時のドクターには酸化マグネシウムという低刺激性の便秘薬を処方してもらい、それでも改善されなかったのでラキソベロンというお薬も処方してもらったほどです。

もともと妊娠前からも慢性的な便秘体質だったので、漢方薬の便秘解消薬を使っていましたがこちらは妊娠中は使えないとのことでした。

今回もミルマグを処方されて最初の一ヶ月ほどはミルマグ1種類でなんとかお腹の調子を整えられるかなといったところでした。

しかし、お腹がスッキリした感じがなくお腹も張った感じがあったので、ドクターに相談しました。

すると、第一子のときに処方されたラキソベロンというお薬を処方してもらうことができました。

今回のドクターはラキソベロンは頓服感覚で服用するようにとのことだったので、メインはミルマグを服用し、あまりにもお腹が辛いときはラキソベロンも服用するという方法でお腹の調子を整えています。

確かに、ラキソベロンを毎日服用していると段々とお腹がゆるくなってきてしまいます。

なので、やはりドクターがおっしゃったようにミルマグをメインで服用する方がお腹にも優しいのだなと感じました。

ミルマグは低刺激性の便秘薬で妊婦でも服用することのできる優しいお薬であるということがオススメ点だと思います。

服用し続けることで慢性化もしないと聞いたので産後も便秘になったらミルマグを服用したいと思います。

購入はこちら⇒あんしん通販薬局 公式